飲食店、喫茶店営業許可申請

飲食店、喫茶店等営業に関する申請等は当事務所まで

溝口隆幸 行政書士事務所
mt-office

| HOME | 溝口隆幸行政書士事務所 | 飲食店、喫茶店営業許可申請 |

更新日 2014-01-08 | 作成日 2007-11-28

1.飲食店・喫茶店を開業するには

dummy_003.jpg
 レストラン、一般食堂、スナック、寿司屋、そば屋などの飲食店・喫茶店(かき氷の販売やジュース等のコップ式自動販売機も対象)を開業するには、お店を改装するなどの準備をしたり、働いてくれるスタッフを手配する以外に、市町村(保険所)の許可が必要となります(食品衛生法)。なお、許可を得るためには、衛生的な環境(店舗や厨房などの施設が一定の基準を満たしていること)を準備するだけでなく、食品に関する知識を持った人(食品衛生責任者)を店舗に置かなければなりません。また、食品衛生法に違反し2年を経過していない人や食品営業許可を取り消されてから2年が経過していない人は営業許可を受けることはできません。


食品衛生者
 衛生的な管理運営のために、営業者は店舗ごとに食品衛生責任者をおかなければなりません。調理師・栄養士・製菓衛生士の資格者は講習を受けることなく、食品衛生責任者になることができます。これらの資格者がない場合は、食品衛生責任者養成講習会を受講する必要があります。

※なお、模擬店やバザーなどで調理行為をする場合には、許可ではなく保健所への届出が必要となります。この場合は、提供するメニューや食数、調理場所、調理方法、原材料の購入先を届け出ることになります。

2.営業許可申請に必要な書類

1.食品営業許可申請書
2.施設の平面図及び設備器具の調書、配置図(お店の図面であり、厨房 
の詳しい図面・お店全体の図面・お店付近の地図を用意する必要があります。)
3.食品衛生責任者となれる資格を証明する書類(調理師免許、食品衛生
責任者養成講習会の修了証など)
4.株式会社、有限会社等の法人で申請する場合は、その法人の登記簿 
謄本(現在事項証明書)
5.水道水以外の水を使用する場合は、飲用に適している旨の科学及び
細菌検査成績書の写し

3.許可申請の流れ

1.管轄の保険所をチェックする。
2.許可基準の確認
3.必要書類の準備
4.許可申請
5.立会調査
6.許可証の交付

LinkIcon会社、NPO設立
LinkIcon建設業許可申請
LinkIcon宅地建物取引業免許申請
LinkIcon建築士事務所登録
LinkIcon産業、一般廃棄物処理業申請
LinkIcon理容所、美容所届出
LinkIcon飲食店、喫茶店営業申請
LinkIcon古物商許可申請
LinkIcon契約書作成
LinkIcon会計帳簿、内容証明作成
LinkIcon著作権登録業務
LinkIcon農地法関連業務
LinkIcon遺言相続業務
LinkIcon警備業認定申請
LinkIcon旅行業登録申請

●ご依頼、ご相談など

LinkIcon報酬額、相談料、依頼方法

LinkIcon事務所案内等
  ●代表プロフィール
  ●事務所案内図
  ●特定商取引法に基づく表示
  ●プライバシーポリシー

〒558-0011 
大阪市住吉区苅田8-12-27-302
  溝口隆幸行政書士事務所
TEL&FAX 06-6697-0872(外出していることが多いので、その場合は090-1489-7182までご連絡ください)
URL   www.mt-office.com
E-mail mizoguti@mt-office.com

dummy_060.jpg

◇営業時間(メール相談は24時間、土日祝日もOK)
 平日 10:00~17:00
※原則として土、日、祝日は休み。
※上記以外の時間帯でも曜日によっては対応可能です。

◇対応エリア地域◇
 関西全域(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀)。メールによる法務相談、遺言相続や内容証明、契約書の作成など業務によっては全国対応可)

LinkIconリンク集
 当ホームページは、原則リンクフリーです。なお、ご連絡いただければ相互リンクいたしますので宜しくお願いします

LinkIcon行政書士業務一覧
 行政書士に依頼できる仕事にはどんなものがあるか。何を頼めば良いか分からない人は参考にしてください(当事務所で扱ったことのない業務も多々含まれています)

img_jnb_banner02.gif


クリックで救える命がある。


a2_poster.gif